FC2ブログ
AC ALMALEZA HANNO
埼玉県西武地区中心に活動をしているサッカークラブ「ACアルマレッザ飯能」のブログです。
RSS + ADMIN + HELP
category
最新の記事
News
Member
Contents
About
Contact

entries
揺るがない強い気持ち
横浜猛蹴戦
浦安戦
クラブは家族
監督として間違っていること

archives
2013-07-[1]
2013-06-[1]
2013-05-[1]
2013-04-[1]
2013-02-[2]
2013-01-[2]
2012-12-[2]
2012-11-[1]
2012-10-[6]
2012-09-[2]
2012-08-[6]
2012-07-[6]
2012-03-[2]

profile

NAME : soccer.jin
FC2ブログへようこそ!

スポンサーサイト
スポンサー広告 ] --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | トラックバック:(-) | コメント:(-)
揺るがない強い気持ち
Contents ] 2013/07/10(水)
全国社会人大会への出場は叶いませんでしたが、
これからのリーグ戦が正念場だ。

もちろん、並行で行われる彩の国カップも
重要な公式戦であることは間違いない。
メンバー全員の日々のトレーニングの真価が問われる、
結びの3ヶ月が今週末から始まる。

今まで経験したことがない“真の”県リーグへの降格争いは、
1本のセンターリング、1本のシュート、
そのひとつひとつが今季の命運を握ることになるでしょう。

但し、例えプレーの判断が間違ったとしても、
クラブのすべてが失われるわけではないし、
メンバー全員の努力が否定されるわけではない。

大事なのは、弱気になることも過敏になることもなく、
“揺るがない強い気持ち”をもって、
グランドに立つことができるかどうかに尽きる。

“揺るがない強い気持ち”とは、
このチームの中で自分にしかできないものを見つけ、
それを失敗と反復により磨いた技術を伴う自信のこと。

だからこそ、失敗と反復が許される日々のトレーニングが、
我々のチームには不可欠。

言葉よりもプレーがメッセージとなり、
要求は会話に変わり、味方のミスが自分のミスに思えるまで、
一緒にトレーニングをし続けること。

なぜなら、試合の結果(今季の結果)とは、
トレーニングの成果でしかないのだから。
スポンサーサイト
12:04 | トラックバック::0 | コメント::0
横浜猛蹴戦
Contents ] 2013/06/03(月)
1-0で勝利。FKによるゴール(鶴田)を守り切ったという見方でよいでしょう。
この勝利は浦安戦の引き分けの成果であり、猛蹴戦の勝利は次の節のゲームの糧にしかならない。
勝利の余韻に浸れたり、後期に何かを期待できるほどの余裕はまだないからだ。

そして、清水直、浅野のような戦力の台頭を期待している。
直は攻守に渡って高さで、浅野は運度量と献身さで貢献してくれている。


16:35 | トラックバック::0 | コメント::0
浦安戦
Contents ] 2013/05/27(月)
首位浦安との試合、とてもよい試合でしたが、長いトンネルの途中であることに変わりはない。

浦安との試合内容が翌週の勝利を約束するものでなく、あくまでも暗いトンネルに光が見えたというレベルである。

光りが出口なのか、それとも、単なる避難場所なのか…


21:46 | トラックバック::0 | コメント::0
クラブは家族
Contents ] 2013/04/23(火)
http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/wfootball/2013/04/22/post_336/

ドイツの健全なクラブ運営の根底に流れる哲学…“クラブは家族”
無論、我々のクラブは到底 そのレベルにないが。

以前、アルゼンチンのボカ・ジュニアーズでビアンチ監督の下、
研修&取材をさせてもらったとき、彼もまた同じ言葉を繰り返していたことを思い出す。
(ちなみにボカも現在苦戦中)
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/eusoccer/1213/columndtl/201304240003-spnavi

楽しいときはもちろん、苦しいときも一緒にいる。
むかつくときも、喧嘩するときもあるが一緒にいる。
家出もするが、いつでも戻ってこれる。
(ビアンチ監督:復帰/リケルメ:クラブ批判→退団→引退→撤退→復帰)

家族なんて言葉や括りには 多分なんの意味もない。
この世の中、家族の定義はとっくに崩壊している。

いまさら、わざとらしく「家族になろう!」なんて言うつもりはないが、
この苦しいとき(開幕3連敗)に黙って一緒にいる。それだけでよいと思う。

逃げもしなければ、過度の期待・要求もしない。
ただ黙って、問題と向き合い一緒にいる。

09:24 | トラックバック::0 | コメント::0
監督として間違っていること
Contents ] 2013/02/27(水)
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/presoccerteam/article/54

1.勝利と結果の方だけにチームを導く
2.審判に対してリスペクトが欠けている(試合のとき)
3.プロのカテゴリーのまねをする
4.不適切なレベルの練習の構築
5.選手に対して興味の欠如。
6.選手や親に対してのコミュニケーション不足。
7.選手の能力を優先的に扱ってしまい、取り組む姿勢を評価しない
8.試合のハーフタイム中、テクニックや戦術の指示を過度に強調する

確かに教訓になりますね。

17:47 | トラックバック::0 | コメント::0
次のページ >>
10 « 2018/11 » 12
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
クリックで救える命がある

comments
「HP再開へ向けて!」へJINさんから(04/12)

trackbacks

links

Copyright © 2018 AC ALMALEZA HANNO, All rights reserved.

Powered By Fc2 + Designed By ASIA SEASON
+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。